利根川でやっておくこと


利根川周辺に行ったら、是非、水辺の雰囲気を満喫したいものです。

 
川辺にある「水の郷さわら」は地元の特産品などを売る道の駅です。
観光船乗り場やカヌー乗り場といったサマーレジャーにぴったりな水辺の施設があります。
水辺に集まる野鳥を見ることが出来る観察通路がありますので、アウトドア派の人はそちらで野鳥観察も楽しいでしょう。
フードコートでは地元の食材を使った美味しい料理が色々そろっているので、グルメを楽しんだり休憩したりするのでしたら、こちらに立ち寄るのが良いです。
サマーシーズンでしたら、水郷筑波国定公園の指定を受けている「加藤洲十二橋」を船に乗りながら見学するのが人気です。
この辺りは、家と家や田んぼの間を水路が張り巡らされ、そこを船で行ったり来たりして生活していたところです。
中でも加藤洲のあたりは12枚の簡単な橋がかかっていたためにこのような名前がついた、水郷観光の中心スポットですので、是非見ておきたい場所です。

 
また、同じ水郷筑波国定公園内にある「水郷佐原水生植物園」も夏季が見ごろです。
約6ヘクタールの園内にアヤメやショウブが植えられています。
6月の150万本ものハナショウブが咲く「アヤメ祭り」や7月の300種以上のハスが見られる「ハス祭り」はおさえておきたいイベントです。

 

 

コメントは受け付けていません。