赤城南面千本桜のお出かけ情報


日本全国に桜の名所は数多くありますが、赤城南面千本桜は「日本のさくらの名所百選」にも選ばれた名所の一つです。

 

道路沿いに立ち並ぶ約1000本ものソメイヨシノの見事な桜並木は、緑地推進事業の一環として地域の方々によって植栽されたものですが樹齢50年を超える今日では群馬を代表する名所となっています。

 

桜の見頃に訪れたいならスプリングシーズンになりますが、前橋市内より少し標高の高い場所にあるので開花時期は市内より一週間から10日遅れの四月上旬から中旬ころになるようです。スプリングシーズンには桜まつりも開催されていますし、隣接する「みやぎ千本桜の森」ではソメイヨシノ以外の色々な種類の桜が順次満開を迎えるので、長期間桜を楽しむことができます。また12万株もの芝桜も植えられており桜の木とともに美しい景色を作りだしています。スプリングシーズンには近くにあるヤシオツツジの群生地も開花時期を迎えるので併せて見ることができます。

 

ヤシオツツジといえば、同じ頃富士見町のアカヤシオの丘でもアカヤシオツツジがちょうど見頃となります。

家族で行くなら、ついでに近くにある赤城クローネンベルク(ドイツ村)を訪れても良いでしょう。牧場とドイツの農村を模した町並みが異国情緒を感じさせてくれるテーマパークです。

ソーセージやビールは本場ドイツの味わいで、家族全員で楽しめます。

コメントは受け付けていません。